HOME   »   日記  »  1月8日についてちょっとだけ補足
calendar 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
私がいっていた大学ですが、今は知りませんが当時の
そこの入学試験の偏差値は50台と
”偏差値だけの観点”で見るなら3流レベルでした。
ですので当時ここを受験すると言ったとき
アレは「そんなところを受けるな!」と怒鳴ってました。
なにせ一流でないと大学じゃないわけですから。
結局浪人したのにもかかわらずが学力は3流レベルだったので
そこにいったのですが。
事実センター試験の点数がもっとよかったら
1流を受けさせるとも言ってましたしね。

もっとも大学自体行きたくなく、自由になりたかった
私にとっては一流だろうが三流だろうがどうでもよかったのですが。


弟は当時の私よりひどかったので偏差値的には4流以下の
ある大学の2年コースしかいけなかったらしく、
アレはそれなら浪人させて1流にと考えてましたが、
弟はもう無理といい、それで現役でそこにいきました。
それから数々月の間、もうすんだことなのにアレは
一流でなかったのがよほどイヤだったのか文句ばかり言ってました。

それなら浪人させればよかったのに。いつものように力づくで。
でも私という「浪人しても結局3流」という前例があったから
そのまま行かせたのです。
もしも仮に私が浪人の末一流に行けたらアレは間違いなく
無理矢理浪人させていたでしょう。


あとこんな話もありました。
進学がきまった数日後の話ですがあるTV番組のその回のテーマは
「早期受験教育=虐待か?」でした。
複数の塾に掛け持ちでいかされ息付つく暇もない小学生。
名門幼稚園に入るための塾にいかされ、偏差値というものを教えられる幼児。
つきっきりで勉強を教え、幼稚園児に掛け算をやらせる親。

など早期受験教育=虐待だといわんばかりの内容でした。
事実、翌週の同じ番組を見ると、馬鹿どもが抗議してきたらしく、冒頭で
キャスターがそう受け取れる内容ですいませんでしたと謝ってました。
ところがこれを見ていたアレは
「うちももっとはやくこうすればよかった」
とのたまう始末。全くわかっていませんでした。
スポンサーサイト
NEXT Entry
アキバ
NEW Topics
テレビ番組表

お盆
コインランドリー
パチモン
Comment
230
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ