HOME   »   漫画レビュー  »  U19
calendar 123456789101112131415161718192021222324252627282930
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
週刊少年ジャンプの「U19」(アンダーナインティーン)が17話で終了しました
短期打ち切り漫画は数多くありますがその中でも読むのが嫌になる「クソ漫画」と呼ばれる漫画があります
忘れ去られる漫画もある中で悪い意味でインパクトがあったこの漫画は「クソ漫画」としてネタにされていました
長くなりますので続きはこちらで

2036年の日本の子供達は「大人党」に”理不尽な支配”を受けてました
体罰が容認された社会は20歳になると「大人査定」があり勉強や生活態度によってランク分けされます

6d18da340f5a3481660c7123061fdc1e.png
050643c9baea2113b85ad0b412d4dd8d.png

えっ?学歴社会と大差ないじゃん?
現在の社会よりいいじゃないか?
それを言ってはいけません

そして都市伝説がありました
この社会によるストレスで「リビドー」と呼ばれる超能力に目覚めた思春期の子供達で構成される組織「ガレージキッド(通称ガレキ)」が大人党に反発し施設を破壊して回っているというものです
注意:↓はコラです
1491623015313.jpg

そんなある日来年度から始まる新制度の試験運用地として主人公・紅童衛児(くどうえいじ)の高校が選ばれました
新制度とは「遺伝子検査」です
これでヒロイン・月野朱梨(つきのあかり)がAランク以上のSSS(トリプルS)ランクであることが判明しました
そして朱梨は大人党の息がかかっている「陽の出学園」に転校させられてしまいました

このことから紅童はリビドーに覚醒
1492090664268.jpg

ガリ勉メガネの学級委員・七海夕哉(ななみゆうや)は自分がガレキであることを明かし紅童をメンバーに加えます
f6abcf3f.png
ファーストフード店に長時間居座ったり宿題をして来なかったりするのが作者の普通みたいですね

大人党内部にいるガレキのスパイによって大人党の極秘会議の内容を知る紅童
1491883397623.png
つっこみどころが多すぎるんですがとりあえず一つ

この極秘会議の映像をネットで拡散すれば大人党は終わるのでは?

そして七海が言うには今からするべきことはクラスの担任の谷先生を追い出す事でした
紅童が初めてリビドーに覚醒したとき谷先生に見られてしまいました
そのときは七海の起点で錯覚と誤魔化せましたがまた見られたら大人党に報告されてしまうからです
というわけで谷先生が教育者らしくない事を生徒にしたということにして追放に成功しました
ハイ冤罪ですね
dea0a51fb85f5f58d91de77cbf5b1cf5-600x385.png
1492104636674.jpg
↑冤罪による追放が決まって大笑いする紅童達
錯覚だと誤魔化せていたのですからもうリビドーを見せなければ済む話ですがわざわざ追い出すってのがもうね
それに全体的に見たらこの谷先生追放編は無くても良かったんですよね

ただ今の日本は大人党が支配しています
その大人党が関わっている陽の出学園から朱梨を今連れ戻したところで意味がありません
大人党を倒さない限り事態は解決しないのです
なので七海は紅童に動かないように忠告します

ところが紅童は勝手に飛び出して陽の出学園に行ってしまいます
今連れ戻しても意味がないと分かっていながらです
その目的は「不安になっている朱梨を励ます」ことでした
1492245637224.jpg
なので派手に暴れたにも関わらずそのまま退却しました

↓が退却時の紅童の台詞です
1494258324664.jpg
ハイ全く反省していませんね

ところがその後紅童がまた陽の出学園に現れました
今度は「朱梨を連れ戻す」ためです

前に紅童が勝手に飛び出して派手に暴れたせいでリビドーとガレキの存在が明るみになってしまい紅童の家族や友人に大人党の手が伸びる可能性が出てしまいました
それで大人党の手が届かない無人島に朱梨を匿うためでした
(ガレキメンバーにワープ能力のリビドー使いがいて他の関係者はすでに保護済みです)

それなら励ましに行かなければよかったのに

そして最終回
朱梨を連れ戻したのですがその一ヶ月後
大人党は反社会思想を持つ子供を成人同様に罰する法律を制定
またリビドーが覚醒する原因に気付いた大人党は子供に過度にストレスを与えてリビドーを覚醒させる実験を始めました
紅童の提案でその子供達を助けに行くというところで物語は終了しました

紅童が勝手に飛び出して朱梨を励ましに行ったのが原因ですね
おかげで状況はかえって悪くなってしまいました
ですが劇中で紅童はこの独断行動についてガレキメンバーに謝罪していないどころか逆に褒められています

作者の中では紅童の行動が正しいようです

連載当時一部のネットユーザーにネタにされネット掲示板に作品の単独スレッドが立ちコラもよく作られていました
単行本に載っていた作者のあとがきなどはポエムとまで言われています
1496315505486.png
1496315678028.png
劇中の描写もそうですが作者の人間性が疑わしいです

また作者の人間性はおいておくとしても展開が遅い上にキャラも設定もブレブレで無駄なエピソードもあります
例えば↓の右のページは初期のガレキの目的で左のページが後期の目的です
1496961267010.jpg
変更したという描写はなくいつの間にかこうなっているんです

ちなみに左のページで目的を話している男はガレキのリーダーですが…
1496912648484.jpg
リーダーがひどい目に合わされている描写がないのでリーダーが大人党に対して恩を仇で返しているようにしか見えません
どのみち打ち切りは免れられなかったと思いますハイ

↓コラもよく作られていたのですが作中のブレブレの世界観や設定やキャラのイカれた思考などにツッコミが入ったものが多いです
1496633341110.jpg
1496430827900.png
1496838164685.jpg
1496996835913.jpg
8756077175145.jpg
1497221081893.jpg
C4i8u6RUYAAreHz.jpg
1496045465668.jpg
1496309002060.jpg

とにかくクソ漫画であることは間違いないです
ジャンプは人気漫画が次々と終わっていて発行部数も下がりついに200万部を切りました
これは全盛期の1/3以下です
なので藁にも縋る思いでいろいろ試しているんだと思います
今年の頭にジャンプは6本も新連載をスタートさせました
0168.png
御覧の通りほかの作家は実績があるのですがこの漫画の作者にはありません
過去に読み切りを出したことはありますがそれらはウケなかったみたいです

なんで連載が取れたんでしょうかね?
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
疲れてマッスル
NEW Topics
エスカレーション
世間では3連休
はじめの一歩
絡むやつがいるもんですな
ヘボット最終回まであと2回
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ