HOME   »  2016年02月
calendar 1234567891011121314151617181920212223242526272829
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2016.02.26
読まなくなった漫画を売ったことはありましたが私は基本的に買った漫画は売りません
気まぐれでまた読みたくなることがあるからです
でもなんだろう
いざ売ったり買うのをやめたりしても別にどうってことはなかったりします
多分その漫画に未練が無いからでしょうか
逆に手離したくない漫画もあります

あと「電子書籍」は便利ですが個人的には「本」のほうがしっくりきますし漫画を読んでる感がします
アナログなんだなあ私は・・
でも「今一番読んでみたい漫画」は特に無かったりする
見てみたい昔の番組とかはあるんですけどね
CSでもやってない古いやつとかマイナーなやつとか

↓テキトーにネタ貼り
1369156661370.jpg
スポンサーサイト
81hblbeOjaL.jpg
今巻は展開が早いほうだったかな
でもやっぱり遅いなあ
巻末に掲載された作者のインタビューによれば物語を終わらせる気はあるらしい
果たして何年かかるかわからないけど
あとガレノスのことを忘れてなくて安心した
幹部のくせに今のところ全く台詞無いし
2016.02.23
いやネタがないので書くにも書けなかったわけですが;

それにしてもマスコミの深奥に在日が食い込んでいるせいか印象操作はひどいものだ
連中の中では日本は東朝鮮なんだろうな~
強硬策をとれないのが日本の悪いところであり良いところなんだろうな~と
いや特に書くネタがないもんで・・
世の中いろいろなニュースがありますがいちいち書いてたら逆にキリがなくなるし
疲れてるせいか寒かったせいかいつもより少しですが睡眠時間が長くなりました
それでも薬無いと寝付けないのですが・・
また夕方にちょっと寝てしまうこともあります

そういやインフルエンザが警報レベルで流行っているらしいですね
みなさんも気をつけましょう
まだ第1話ですので今のところなんとも言えません
1454802205028.jpg
ただ主人公(左)が今度中2になる年齢とのことですが見た目といい
ヌイグルミを持って外出といいとても中2とは思えません
先週までやってた「ゴプリ」メンバーより年上とは思えません
小学生でもよかったのでは?と思いました
相方(右)は見た目は落ち着いてそうに見えますがポンコツです
主人公より相方のほうが大友に人気出るかもしれませんね
51s8NFxP1ML__AC_UL320_SR226,320_

梶原一騎先生の実弟・真樹日佐夫先生原作の漫画「ワル」
↓で全巻無料で読めます
http://dokuha.jp/comicweb/contents/comic/waru

この作品はシリーズ化され35年もの長きにわたってやってました
台詞が長いせいか話の密度が濃く 読むと結構時間がかかります
不良が主人公というとたいてい敵は同じ不良だったり暴走族だったりヤクザだったりしますがこの漫画はズバリ学校が敵です
主人公・氷室洋二という札付きのワルを更正しようとする学校当局との戦いという異色のものです
氷室が本当に「ワル」なんですよ
でもこういうの好きッス
2016.02.03
であの清原が逮捕されたそうな
シャブに手を出してしまう有名人のことはよく報道される
シャブって業界内部で出回ってて手に入りやすいもんなんだろうか
それにしても所持すると逮捕されるのにしてしまうとは
バレなければOKというやつか
それにしてもなんでシャブに手を出すのだろう
サラリーマンがストレス発散に酒を飲むようなものなのだろうか
あるいはシャブ独特の快楽ってやつが好きなのだろうか
やばいものには手を出さないのが一番だ
ましてや有名人ならなおさらだろう
2016.02.02
はやいものですね
実は先週から調子が悪いです
「意識が飛ぶ」というほどひどいわけではないですがなんというか
「脳から一瞬の間だけ血の気が引いた」ような感覚です
風邪ひいたのかな?先週からたまにこうなります
休日はずっと寝てましたが今もまだ本調子ではないです
そういえば寒いせいか風邪やインフルエンザがはやっているらしい
あ~ずっと休んでいたいなあ~・・・
はやいものでもう50話で最終回
キュアフローラとラスボス化したクローズとの一騎打ち
絶望は消えないがそれもひっくるめて夢がある
絶望と夢は隣り合わせで消えることが無い
変な意味で支えあっているみたいな答えを見つけたフローラにクローズが兜をぬいだようで完全に決着をつけないでクローズが去るという結末でした
なので敵自体は滅んでおらず楽観はできないがそういったものもふくめて前に進んでいく的なラストでした

「スイプリ」ではラスボスは浄化されてペット化しましたが
「ゴプリ」は”今のところは引く”みたいなこれまでにないケースでした
そういえば「仮面ライダーアギト」のラスボスも”しばらく人類を見守る”ケースでしたね
こういうラストもありだなと思います

ゴプリはいろんな部分でよかったと思います
若いスタッフを起用したせいかデザインや演出やビジュアルも今までのものと違った感じでしたし
またプリキュア以外のキャラ描写にも力を入れててより群像劇的になってたと思います

来週からはいよいよ新しいプリキュア「まほプリ」がスタートしますがどんなものになるでしょうかね
期待してます
月別アーカイブ