HOME   »  2010年12月
calendar 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
ザ・ゴリラ同人本

お目当ては↑の本です。
ほかにハトプリのパロディ漫画も買う予定でしたが新刊落としていた
ので結局この1冊だけでした。通販やってくれたらいいのにな。
これは昔コロコロコミックで連載していた漫画「ザ・ゴリラ」の
ストーリーガイド本で単行本未収録だった終盤部分も網羅しています。
掲載雑誌を間違えたのではと思える作風で
銃をバンバンぶっぱなす刑事ものです。当時すっげえ好きでした。
マグナムで雪崩起こしたり、ハングライダーを使おうにも高さが
足りなかったので2丁のマグナムを下に向けてブッ放しその反動で
高度を上げる「マグナムジェット」とか
銃弾を相手の頭ギリギリにかすめ、その衝撃波であてずに失神させたりと。

↓はその作者のブログです。
http://blogs.yahoo.co.jp/noboti3
スポンサーサイト
HPがプレオープンしてました。
http://www.toei-anim.co.jp/tv/suite_precure/
http://asahi.co.jp/precure/suite_new/pre2516458.html

そうか~、今度の主役はナージャか~。
で、淫獣は猫でセーラームーン。
そういえばセーラームーンにも喋る猫がいましたね。
まさか後半でセーラームーンもどきに変身とか;

今晩は忘年会だ。寝てる時間にやるとはなに考えてんだ!
小説や実写はOKってのがわかりませんよね。
つまり小説・実写なら殺人やレイプを推奨する内容でもOKってことなんでしょう?

結局”小説・実写は一般の人も多く見るけど
アニメ・漫画はオタクものだからつぶしていい、
所詮オタクなんだから
”って言ってるようなものでは?

だいたいこういった文化にはで法律がからんだら
それこそ一部の馬鹿どもがいろいろ干渉するようになっちまうぜ。
そのうちドリフのコントとかクレヨンしんちゃんが放送禁止に
なっちまうかもな。
2ヶ月ほど前からシグルイの作者・山口先生の新連載
「エクゾスカル零」が始まりました。
「覚悟のススメ」の後日談のみたいです。
今月号でようやくストーリーが動き出した感じです。
シグルイみたいに覚悟のセリフよりナレーションのほうが多いですが。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1577320.html
あの都条例ですが、世間的に名作とされているものならOKらしいです。
結局は世間的評判とジジイ共の気分・好み次第ってこと?
すっげーあいまいじゃねーか!!
またこの”仕分け”のための機関ができるらしいです。
ミンスは最初反対してたんですが、なぜか敵である自民といっしょに賛同してしまいました。
それって結局天下りという共通の利点ができたからなのでは?
これは知り合いの意見ですが、

ひょっとしたら自民もミンスも、出版業界からの政治献金が欲しいというのが賛成理由だったりして。
規制対象に含める基準があいまいなのも、「献金すれば対象から外してやる」という
暗黙の意思表示なのかもしれません。
もしくは映倫のコミック版を業界に作らせ、警察官僚の新たな天下り先にさせる目的とか。


確かにそうかもしれませんね。
そういえば実写はOKだろうですが、これって実写なにやってもいいってこと?
それこそアニメ・漫画への偏見じゃねーか。
あと都知事は東京アニメフェアに大手が参加しないことに対して
「来ないならこなければいい」といってたが、主催者がそんなこと言っちゃダメだろ。
主催者ってのもただ名前だけでアニメに興味ないから言えるんだろうけどさ。
都知事の小説も当時悪影響と騒がれ、またその影響をうけたという事件もあるらしい
ですが、それについてはスルーですかい。
ttp://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101215/plt1012151650009-n1.htm
と今更のようにミンスの増税について書かれ公約違反だいてますが、
ミンスは一応「国民の生活を第一に」を守っています。

ただし、”外国民の”生活をですが
いまや懐かしのアウターゾーン

↑は拾いものですが、まさか十数年前に描かれたことが現実になろうとは・・・
ここでも触れられてますが、”毒”を見せることも必要だと思います。
子供を無菌培養したがる親が多いですが、毒にならしておくことも大事だと思いますけどね。
今週のチャンピオンで車田先生の聖闘士星矢の不定期連載が始まりました。
はたして今回は何回続くのか。
今回は映画「天界編序奏」にも登場したイカルスの斗馬が登場。
現在廃人同然の星矢を殺しに行きます。さてどうなることやら。
斗馬は作者本人が関わった「天界編序奏」では人間でしたが、
今回では設定がかわり片翼の堕天使って設定になってます。


イカルスの天衣

↑はイカルスの天衣(グローリィ)の装着図です。
天界の天闘士(エンジェル)は天使という設定で翼を持ってます。

あと現在連載中のほかの漫画家がかいた「星矢LC(ロストキャンバス)」も
途中から読んでます。作風は違いますが、作者の星矢への愛が感じられます。
ユニコーンの扱いもいいし(爆)
新生ユニコーンの聖衣
2010.12.06
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1573500.html

結局自分が気に入らないからつぶせってことじゃねーのか?
TVで同性愛ネタが放送されたからってそれを真似するってのか?
見たやつがモーホーになるとでもいうのか?
考えりゃわかるだろうが。
PTA団体とジジイ死ね。
2010.12.05
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1573043.html

暴力描写も規制対象に?バカじゃねーの!?
日本以上にアニメや漫画の性・暴力表現の厳しいアメリカなんか
末期的な犯罪大国じゃねーか。

結局規制すればいいってもんじゃねえんだよ。
汚い言葉や行為・犯罪とかどこかしら情報を得るもんだしさ。

アニメ・漫画の影響でってガキじゃねーんだから。
もう何度も書いてるけどいい年してんなら現実と架空の区別は
つくんだしさ。
小さい子に悪影響を与えるってんなら一緒に見た親が
「こういうことはしちゃダメだよ」って言うだけでいいだろ。
PTAが提出したとかいうけど親や学校の躾がなってないのを責任転嫁してどうするよ。
あとそれに同意した都知事もさ。
チンポで障子破ったなんて書いた小説で賞もらって有名になった奴が
何を言うか!
2010.12.05
先日初めて「ヒトカラ」、つまり一人カラオケをやってみました。
気兼ねなく好きな局を歌えるのはいいんですが、一人で歌うせいなのか
自分の声が聞こえて、それが気になってしまいます。
原局と同じ声のイメージで歌ってるせいか声にギャップを感じて
どうもな~って気がしてなりません。
他の人を一緒のときは気にならないのですが・・・
2010.12.03
生きてます。でも特に書くようなネタがないもんで・・;
12月ですがなんかそれほどの寒さを感じないです。
気のせいかもしれませんが。
月別アーカイブ