HOME   »  2009年09月
calendar 123456789101112131415161718192021222324252627282930
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
実は「笑っていいとも」よりも長かったりする。
テレ朝がそのタモリ~以外の深夜番組をいっせいに終了するそうな。
でもタモリ~だけは残るそうです。
よかった~打ち切られなくて。
あの番組好きなんですよ。
スポンサーサイト
2009.09.27
baba.jpg

実写版「こち亀」が昨日の放送分で打ち切られたそうな。
やっぱりといえばやっぱりか・・
shiofon.jpg
>フレッシュプリキュア
スーパーの”袋つめ放題”をするラブとせつな。
せつながピーマンが嫌いなことを知り、あえてピーマンを袋に入れるラブに
怒ってラブの嫌いなニンジンをつめこむせつな。なんかほほえましい。
今回は作品のキーとなる無限メモリー「インフィニティ」について。
それを手に入れるべくサウラー&ウェスターが決戦をしかけてくる。
そのせいかドラマ性はいつもより低かったような。
そしてついに「インフィニティ」が出現。「インフィニティ」は赤ちゃん淫獣・シフォン自身だった。
さあてどうなる!

>真マジンガー
ラストでのどんでん返し。そしてそのまま事実上の最終回である1話に続く。
ある意味すごい最終回だった。
たくさんのロケットパンチが集まってひとつの巨大パンチになるのは今川の常套手段(笑)
特捜最前線最終章3部作を一挙放送していました。
最終章はメインライターの長坂秀佳さんが担当したためか謎解き、
攻防戦を主体に描かれていました。
「かっこいいスキヤキ」(作者:泉昌之)
img024.jpg
img025.jpg

あの伝説のカルト漫画で映像化もされた「夜行」ほか読みきり漫画が収録されています。
「夜行」はトレンチコートの中年が弁当のおかずの食べる順序にこだわり
大真面目に食べるお話ですが、ほかの読みきりもそうです。
真面目にどうでもいいことをする漫画が多いです。
そしてその場合このトレンチコートのおっさんが主人公です。

たとえば急にウ○コがしたくなり、便意の波について解説し、せまりくる
タイムリミットと戦う「ロボット」
彼女とデートするが、こんなときにアレルギー性鼻炎になり、それを
さとられまいと奮闘する「花粉」など。

あの「BLACK徒然草」でも紹介されていましたが、この作者のかく漫画は
面白いです。同じ原作者の「孤独のグルメ」も。
創○を叩く集団からでした。↓がそのHPです。
ttp://toyoda.tv/

チラシには↓の動画と同じことが書いてありました。
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm7158981

まあこんなもんでしょうよ新興宗教なんてもんは。
しかしまあこの団体もやたら必死ですなあ。
なんか○価を叩いて自分の宗派をひろげようという意図
があるように思うのは考えすぎか。


あっ思い出したが↓の日記でかいたあれももしかして同じ宗派か。
http://henomohe.blog65.fc2.com/blog-entry-499.html#more
じゃあ考えすぎではないな。ふぅ・・・
>フレッシュプリキュア
見せ場らしい見せ場のない不人気キャラ・美希
途中参加ゆえ売りこみに必死なせつなが2人っきりになるエピソード。
今度はせつ×美希ですか。
つくづく同人ネタに困らないですなあ。

>あたしンち
最終回!
でもいつもどおり日常のエピソードで
最終回らしい描写が全くありませんした。
多分打ち切りでしょうね。
関東ローカルと化してる番組ゆえあたしンちのアニメを
まだやっていた
ことを知らない人が多いらしいんですよね^^;

>月光仮面
巨大ロボット・マンモスコングにタイマンをいぞむ月光仮面。すげえぜ。
コングの頭にしがみつき、頭を殴ったり銃をぶちこんだり
してましたが、どうもコングの手は頭まで届かないらしい(笑)
ミサイルも効かないコングにパンチや銃でダメージを与えたり、
数十メートルのコングの頭にジャンプしたり飛び降りたり。
さすが月よりの使者!
臼井儀人さんが亡くなられました。
ご冥福をお祈りします。
アニメはどうなるんでしょうか?
会見でラリピーが芸能界への復帰をほのめかす発言をしてました。
ラリるだけでなく証拠隠滅をはかっておいて何言ってんの!?
聖闘士星矢の続編の短期集中連載が復活しました。
次回あのフェニックス一輝登場。
っつーかチャンピオンの表紙が一輝だったし。

クレヨンしんちゃんの作者の捜索が続いているそうです。
見つかるといいですな。
ただあの作者は夫婦そろって新興宗教の熱狂的信者で、
その宗教団体にかなりの金を出している上に、家の隣に
団体の建物を金出してたて、また母を入信させようとして
よく言い争っていたらしいです。
はあ・・・
2009.09.16
のアニメ版が2009年9月19日(午前11時20分~)をもって
終了することになりました。
見ていなかったのですが、このアニメも何年も放送していたんですよね。
放送時間が土曜日の午前11時20分~なので
ローカル番組を放送している地方が多く、ほぼ関東ローカルと化していました。
そういえば日曜日の朝6時30分から「ねぎぼうずのあさたろう」も
関東ローカルなんですよね。ちゃんとほかの地方でも放送すればいいのに。
時間帯違ってでもいいからやればいいのになぜかやらないんですよね。
深夜番組とかもそうですけどなんでやらないのかな。
数日前から行方不明だそうな。
ただどこかに姿をけしているだけなのか、もしくは・・・
漫画連載も当然ストップになるため雑誌側もこまっているそうな。
仮に亡くなったとしたらアニメはどうなるんだろうか・・・
ドラえもんみたいに続けばいいんですが・・・
いや~懐かしいです。
これは昔コミックボンボンで連載されていた「はじけて!ザック」という漫画です。
最初はやんちゃでケンカ好きな少年ザックが巻き起こす騒動を巻き起こす悪ガキのお話でしたが、
それがボクシングものになり、そしてスプラッターバイオレンス漫画になりました。
その後、魔王ドゲス率いる悪魔達と戦うSFバトルになりました。
ころころ路線が変わる漫画でしたが私は当時好きで読んでました。
なぜかボンボンコミックスではなく、別の出版社から「迷宮神話」というタイトルで
単行本が発売されました。

↓はバイオレンス編のものですが、このバイオレンス編にはいって人気が急上昇したとのこと。
zack01.jpg
そうです。このバイオレンス編こそがこの漫画の真骨頂なのです。
このキャラは白川ユダといってバイオレンス編のラスボスですが、
ユダの非道すぎる性格、そしてこの不死身の描写が当時の読者に強い印象を残したのです。

zack02.jpg
そしてこの漫画を読んでいた人同士で会話したときに必ず出てくるのが↑の場面。
ザックの飼っているペットのカメ・ぺムをこのように握りつぶしたシーンです。
読んでいた人が必ずあげるインパクトのあるシーンはこれです。

とにかくこのころの「ザック」は幼年漫画とは思えないバイオレンスな作品でした。
復刊ドットコムでは投票が数年前にすでに規定の数を超えているのに
いまだに復刻しません。はやく復刻してよ~。
http://mainichi.jp/select/today/news/20090914k0000e040043000c.html
うっぷんばらしに個室ビデオ店に放火し、大勢の人を殺したバカは逮捕されたとき
自供し、罪を認めたが、急に弁護団が無罪を主張。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090914k0000e040025000c.html
保育園児を殺したロリオタ野郎の弁護団が無罪を主張。

本人なのか、弁護団が入れ知恵したのかしらないが、まさに悪あがきである。
人権屋は嫌いだが弁護士としては成功させて客を増やさなければならないでしょうから
しょうがないんでしょうなあ。
でも今回は無罪にするのは難しいでしょうね。

このロリオタ事件が起こったとき、マスゴミが犯人はアニメオタクであることを強調する
ような報道をし、具体例としてプリキュアやポケモンをあげてました。
こういう「オタク=犯罪者」といわんばかりの報道をするからマスゴミは嫌いだ。

たとえば犯人がクラシック音楽マニアだったとする。
でもクラシック音楽ならいかにも「みんな聞いてそう」、「普通」、「高尚な趣味」
とかのイメージがわくでしょう。
つまりそういったものをとりあげても面白くないのだ。
「普通の人」であることを強調しても面白い記事にはならないだろう。
でもアニメや漫画ならいい年した大人がハマっていると「オタク=変人」で
「変人が犯罪をおかした」ということになるから客が呼べそうな記事にできるのだろう。

やっぱり腹がたつ。
メンバーはタルトとシフォンの故郷・スイーツ王国へ。
みんな王国の国民に歓迎される。
国民はタルトと同じフェレット、リス系の淫獣で関西弁。
そんな淫獣集団の出迎えはまさにシュールであった。
タルトは第105王子でリス型淫獣・アズキーナという婚約者がいることが判明。
長老のいいつけでパワーアップアイテムをとりに森に行くが
封印されていた魔神が復活、戦闘突入。

封印をといたのはアズキーナであった。
アイテムをとったらタルトはまたプリキュアの世界にいってしまう。
だから魔神を出現させ、森に行けなくすればアイテムをとるのを
あきらめるだろう。
そうなったらタルトは王国に留まるだろうという考えによるものであった。

手段を選ばないとはまさにこのこと。
・・・魔神のせいでえらいことになったらどうする!
なんかエロゲーにでてきそうなイカレたヒロインみたいだ。

結局魔神は封印され、アイテムを入手。
タルトとシフォンは再びプリキュアの世界へ。

もし魔神のせいで王国がほろんだらどうなっていただろう・・・

>ザ・ウルトラマン
今回は3部作の2話目。
前回で力尽きたウルトラマン。死体となって発見されたヒカリ隊員。
そのときウルトラマンの故郷・U40(ユーフォーティー)から使者が現れ、
ヒカリをU40に。
蘇生手術で生き返ったヒカリ(U40の科学力から見れば完全に死んでいなかったとのこと)。
だが、ヒカリと融合していたウルトラマン・ジョーニアスは未だに生死の境をさまよっていた。
松本零二の漫画風の美女・アミアからU40の秘密を聞かされる。

彼らウルトラ人は元々人間と同じ姿で、優れた科学をもっていた。
種を広げるため宇宙に進出したが、そのとき実験を行った。
一切の機械無しに文明をつくっていったのだ。
それは人が元々もっている知恵を出させるため。
当然失敗し、滅んだ星もあったが、元々住んでいた人と一緒になった星もあった。
地球でもウルトラ人はネアンデルタール人と出会い、地球文明が生まれた。

だが、爬虫類から進化したバデル族が侵略していった。
ウルトラ人はその優れた科学力で”ウルトラマインド”を開発し、
ウルトラ人はウルトラヒューマノイドに進化した。
ウルトラ人は肉体の分子構造を変えることでウルトラマンになれるようになったのだ。
ただし巨大化できるのは強い戦士のみで、ジョーニアスは一番強い戦士なのだ。

前回地球を襲った怪獣もバデル族がウルトラマインドをつかったものだったのだ。
人工惑星・バデルスター登場。(デススター?
U40と全面戦争に。U40の軍隊と7人のウルトラマンも出撃。さてどうなる?

なんかスターウォーズやヤマトが元ネタになっているような設定でした。
2009.09.11
今週のチャンピオンにあのLetsダチ公がのってました。
創刊40周年記念企画なのですが・・・
たった6ページしかねえええ!!
絵はあいかわらずすっごい濃いのにさ・・
なんか原作が「タイマンはったらダチ」の1行のみだったとか・・
ttp://www.nicovideo.jp/watch/nm3880175
こういうの大好き♪
2009.09.10
ttp://www.asahi.com/national/update/0910/TKY200909100044.html
↑性奴隷にするとかいって強姦したあと殺し、さらに証拠隠滅のため
遺体をこまぎれにして流したバカ

ttp://www.asahi.com/national/update/0910/TKY200909100101.html
↑八王子駅の駅ビルの本屋で「誰でもよかった」と女性店員をナイフでさし、
さらに1人をさし重傷を負わせたアキバ事件の猿真似のバカ

なんとともに無期懲役でした。
1人や2人殺しても死刑にはならないんだ。
少なくともこの2人は打ち首になってもおかしくないのにさ。なんで?
http://precure-online.net/

これなんてギャルゲーですか?(笑)
9月6日の読売新聞にディケイド最終回についての記事があったそうです↓

dcd.jpg

ネット上でもそうでしたが、みんなやはりあの最終回をよく思っていなかった
みたいですなあ。
「最終回に批判があることは覚悟している」とのことですが、
あれは投げるってレベルじゃねーぞ!批判されて当然。
東映はこの「映画につなげて金儲け」的なやり方に味を占めて
またやるかもしれないですね;
spiderboy.jpg

>フレッシュプリキュア
大助はラブに恋をするがラブは気づいていない模様。
それどころが同棲相手・せつなが同じクラスに転入してきたことで
ますます大助のフラグは成立しにくくなりましたとさ(笑)
キュアベリーの鍵型妖精ブルンの能力で野球のユニフォーム姿になった
プリキュアたち。戦闘服までデザインがかえられるなら
あんなカッコやこんなカッコ・・・ってつくづく同人ネタに
こまらないアニメだぜ。

>仮面ライダーW
様子見。現時点では面白いかどうかわかんないです。

あとシンケンジャーが面白いので見ています
劇場版のしんちゃん「アッパレ戦国大合戦」を元にした映画「BALLAD」公開記念ということで
アニメのほうも戦国時代編を3週にわたってやってました。
(なお、劇場版はアニメとは作風が違う上に大人にコビ売ってるので
私はしんちゃんだと思っていません)
そしてラストである今回は、その中の現代編。
時は流れ現代。前2週に登場した主人公とヒロイン(映画のキャラでもある)が
現代に転生して登場。(すっげー安っぽい展開だなあ)
そしてそのキャラを
kusanagi.jpg
草なぎが声を演じてました。またヒロインも同じく新垣結衣が。
っつーか下手すぎ。あまりにも棒読みすぎるぜ。

でもそれ以上に腹が立ったのは
ことあるごとに2人が前世の記憶を思い出していくシーンがでてきて、そのシーンが
aragaki.jpg
映画のシーンをいれてました。露骨すぎる・・・
今回は見なくてもよかったぜ。
月別アーカイブ