HOME   »  2008年01月
calendar 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
>ガンダムOO
実は一話以降一応見てはいた。
でも特にかくことがないのでかかなかったが。

4機のガンダム捕獲のために世界各国が協力し、
1000機ものモビルスーツ大軍団で10時間以上にも及ぶ大作戦を展開。
もう少しというところまでいくが3機の新ガンダム登場により
いずれも失敗に終わる。
なんというご都合主義!
それにしてもたった4機のために1000機使うのは異常すぎ。
いくらなんでも強すぎだよガンダム。

>マグマ大使
先日CSでの再放送が終わりました。
同時期にやってたウルトラマンに比べると地味でした。
マグマ大使と怪獣の戦闘よりもマモル君たち人間と帝王ゴアとの
組織戦というかゴアの侵略作戦をめぐっての攻防戦というか
そんなのが強調されていた感じがします。
マグマ大使の武器は絶対的なものではなく、通用しないこともあります。
そんなときは人間が、あるいは創造主アース様が弱点とかを見つけたりして戦ってました。
そのせいか怪獣を倒すシーンはあっさりしています。
現にゴアが変身したラスボス・宇宙怪獣ゴアゴンゴンも
マグマ一家の熱線攻撃→マグマのミサイル、のコンボであっさりやられたし。
ウルトラマンのほうが話題になるのも分かる気がしました。
スポンサーサイト
もう1月27日かあ・・・はあ・・・

>仮面ライダーキバ
平成シリーズらしく小難しい設定があり、
しかも20年前の話と現在の話をいっしょにやっていくってのは
どうもわかりにくいッス。
主人公達が悪い意味で変だし。
こういう変態キャラづくりは井上らしいな。
次回も見てみるが、場合によっちゃそれで視聴やめるかも。

>プリキュア5
最終回並みのクライマックスだった前回。
今回はさらなるクライマックスかと思ったが・・・
絶望した!!
ここまできて説得かい!
作画もひどいしこれはなあ・・・
確かにこういう決着もよかったのかもしれない。
しかしいまさらこれはないよなあ。
あっさり改心されちゃあねえ・・・
改心するにしてももっと時間をかけて過程を描けば説得力があったと思いますが。

デスさまが自分を封印するようにプリキュアに頼みますが、
暴走の理由にしてももっとわかりやすく説得力のあるようにしなてないので
”「改心による自殺」にしたいが時間がないからとってつけた”って感じでした。
ま、このままのうのうと生きていくってのよりはマシですけどね。
でも1話に後日談とかいろいろやろうとしたのか
「今まですいません。」で終わらせた感じがしました。
だってあやまってすむなら警察も法律もいらんだろ。

そして淫獣たちとお別れですが、のぞみ、こまちは淫獣との別れについて
なやみ、具体的な答えを出せず、そのときがくるまでは今を生きる的な答えで
”別れに対してどうする”はおあずけみたいなことになってましたが、
結局はいさよならでおしまい。
続編が決まったからそうなったのか!?おいおい・・・

エピローグで実は生きてたブンビーさんってのを期待したんだが・・・
絶望した!!
一応今最終章らしいですが。
TVドラマやVシネになり、新田たつおさんの代表作
となってますが、私の中での代表作は
「怪人アッカーマン」です。
111401.jpg

↑このオッサンがアッカーマンです。

これは70年代に青年誌で連載してたそうです。
宇宙のレイプ犯・アッカーマンが地球にきてレイプしまくると
いう内容です。ただし、あくまでギャグ漫で、この絵のせいか
エロくないし、陰惨なものでもありません。
なんか11PMでも紹介されたらしいです。
私は昔立ち読みだけでしたので、さすがにほとんど忘れてますが、
1つだけ覚えているエピソードがあります。

その回のターゲットは結婚を間近に控えていました。
襲おうとするアッカーマンにその婚約者が立ちはだかります。
彼女はバージンであり、彼と結婚するまでバージンをとっているんだ。
お前なんかに彼女のバージンを渡すものかと意気込む彼。
するとアッカーマンは彼女の股間から"紙のようなもの"を破りとります。
この紙のような物体は彼女の処○膜でした。
そしてアッカーマンがその○女膜を広げるとそれは穴だらけだった・・・

って話です。バカバカしかったのですが、ツボにきたので覚えてますハイ。
電王
いよいよ最終回。
イマジン総登場の大決戦。
そしてカイを倒したためイマジンも消滅。
(っつーかカイって結局何者だったんだろ?)
未来におけるイマジン達の世界か消えたため
モモタロスたちも消えた。
・・・と思いきや生きていた。
一緒にいた時間と思い出の記憶がイマジンたちを
存在させたという。
イマジンは契約した人間の記憶の影響をうけるため、
電王の世界では記憶さえあれば消えた時間も修復される
ためだろうけど、なんかご都合主義だなあ。
まあ電王は龍騎と違ってコメディー色の強い作品だったので
ハッピーエンドのほうがよかったってことだろう。
そのほうが電王らしいしね。
でもやっぱご都合主義。
そういえばハナさんは結局子供のままだった。
CG合成とか使いまわしとかでいいから
元に戻してほしかった。
イマジン達が生きてたんだからそうしてほしかったなあ。
ま、とにかくその作風らしいラストでよかったよかった。
来週から新ライダー・キバが始まる。
さてどうなることやら・・・

プリキュア5
まるで最終回のような盛り上がり!
こちらもクライマックスだぜ!
プリキュアが絶望をはねのけ、そしてそれが
ほかの者達の絶望をもはねのけ希望を与える。
まさに夢と希望の戦士だ。
パルミエ王国の淫獣たちが開放されたが、集団で
あらわれ走っていくシーンはなんかシュール。
次回いよいよ最終回!さらなるクライマックスを期待!
でも予告見た限り作画が・・・
主要スタッフが次番組の製作にまわったからだろうか?
2008.01.18
深夜で「墓場鬼太郎」がはじまりました。
小学校のころアニメ第3作をやってましたが、
私はすでに「墓場」の原作漫画をよんだことがあったので、
第3作アニメのヒーローチックで優等生風な鬼太郎に
なじめず、見なかったです。

でもこのアニメは違います。
これだよ!これが真の鬼太郎なんだよ。
今日曜の朝にやってるやつは絵柄がどうも
しっくりこないので見てません。

っつーか新作がうけないから昔人気のあった
やつをリメイクすればいいって考えは
その”人気のあったやつ”に対する侮辱だぞ。
朝ズバ見てたら新聞記事をピックアップするコーナーで
東京新聞の記事の紹介があったのですが、
なにかの犯罪をおかした少年の燃えた家の中から
残酷な描写のあった漫画が見つかったとか。
中にはアニメ化されたものもあったそうで、犯罪と関連性が
あるのでは?とかいうものだった。

こんなふうに記事を書く東京新聞もそうだし、それを
いちいちとりあげるTBSもそうだが、いい加減
なんかあると漫画やアニメ、ゲームのせいにするのはやめろ。
そういうふうに書くと売れる、視聴率が取れるって考えなんだろうが、
いい迷惑である。
っつーかアキバだのメイドだの萌えだのうるせーつの。
だからマスコミ嫌いなんだよ。

今日から新作のヤッターマンがはじまりました。
1話を見た限りではなんともいえないです。
しかしOP、EDがダメ。諸事情で山本センセ以外の人になっちゃったけど
雰囲気を壊さないでほしいもんです。
ヤッターマンといえば昔、私がやってたHPに絵をあげたことがありました。
yatta.jpg

99年4月にかいたものです。
そうか~もうそんなにたつのか~・・・
電王
良太郎の抜けた記憶が判明。
そしてそのため歴史を変えることがうまくいかないカイは
以前のように世界を滅ぼそうとする。
キンに続いてウラ脱落。
そして次回最終回!
しかしなんだろ。ユウトは愛理のいる病院を守りながら
カイの手下の軍団と決戦的な大バトルを展開しているが、
良太郎は敵の三下数人と戦っただけのせいか
ハードさというか緊迫感がいまいち足りない気がする。

プリキュア5
一連の流れがドラゴンボールとJOJO。
敵がコレットをまだ使ってないとのぞみがいうシーンは
フリーザがナメック星でドラゴンボールを使えなかった場面を彷彿とさせるし、
ラストでデスパライア様がコレットで
不老不死になるという願いをかなえたシーンは
カーズが石仮面で完全生物になったシーンを思い出させるし。
そういえばミルクが絶望の仮面をかぶらされたときDIO様が
自ら仮面をかぶったシーンを思い出してしまった。
パロディ系の同人で誰かやりそう^^;
デスパライアがココの婚約者だったという私の予想は見事ハズレたようだ。
てっきりラストで元に戻ったデスパライア様がコロ助の声(声優ネタ)で
「今まですまなかったデス」とか言うと思ってたのに。
先日CSで「女番長ブルース牝蜂の逆襲」という映画を
やってました。”東映版スパイダーマン”のアマゾネスを演ってた人が
主人公達レディースのメンバーの一人を演じていて
乳見せたりしてました。
それに興味があったわけではないですが、番宣で見た
ある場面が気になったのでその場面のみ視聴。

それはレディースとその仲間の暴走族とのシーンで、
「カーセックスなんてもう古い!これからはオートバイファック
の時代だ!」と暴走族のリーダーがメンバー全員でそれをはじめる。
女をバイクの上で仰向けにさせ、そこにバイクにまたがった男が挿入。
そのままバイクを走らせるというもので、イッた者からバイクを止めていき、
最後まで残った奴が勝ちというものでした。
女は位置的に危ないと思いますが、本当に人形とか使わずに
そのまま撮影してました。
”つながったままバイクを走らせる集団の図”はやはりシュールでした。

○電王
ラストにむけての人員整理編。
ラスボス最後の作戦&メンバー脱落。
ねーちゃんピンチ!そしてさらばキンタロス。
どうやら次々死んでいく展開になりそうだ。
ってこれじゃクライマックスフォームやライナーフォームは
使えない。
ラストバトルはソードフォームで行くのだろうか?

○プリキュア5
こちらもラストにむけての人員整理編。
仲間を捨石にするカワリーノのやり方に
ついに反抗するブンビー&ブラッディ。
そして二人は処刑!
ブンビーは多分生きてると思うが・・・

犠牲者がいっぱい出た以上本来なら処罰もんだろうが
結果よければ全て良しってことでデスパライアは
カワリーノを処罰しないと思う。

最後ココに化けたカワリーノがコレットを奪う。
みんなココをおかしいと思う中、ミルクだけがそれに気づかす
さっさと渡してしまう。
このところおとなしくなったと思ってたらやってくれたぜ腹黒淫獣。

○ハヤテのごとく
見てないのですが、”ある場面”が気になったので後で見てみました。
それは”ナイトライダー”のパロディーで、高速を走るナイト2000もどき
のCHITT(チャット)とそれにのるマイケル・ナイトもどきに笑った。
CHITTの声優がKITTと同じだし(爆)

○ウルトラマンネクサス
CSでやってましたがついに終了。
地上波では土曜早朝でしたが、元々深夜向けにつくられただけに
伏線や設定が複雑で子供にはわかりづらいです。
おまけに暗くてハードなのでこれじゃ上が路線変更するようにいった
のもわかります。ティガとかやってた土曜午後6時ではきつかったかも。
でも路線変更しなかったのはさすがです。

既存のシリーズにはなかった斬新な設定の数々。
変身しない主人公。
ウルトラマンになるキャラが代わっていく。(劇中で4人)
ウルトラマンは防衛隊のメンバーではない。etc
そして自らの命を顧みずボロボロになりながら戦い続けるウルトラマンのキャラと
彼らとの出会いでいくつもの困難を乗り越えて成長する主人公が
暗くてハードな作風とあいまっていい作品になったと思う。

○はじめ人間ギャートルズ
この時代のお金ってホントに”石でできた大きな輪”だったんだろうか?
猿に果物とかを噛ませて吐き出させた液体を”サル酒”として飲んでました
(ほかにゴリラで同様につくったゴリ酒もある)が、よく思いついたなと思う。
前述の石輪とか輪切りになったマンモスの肉とかはこの漫画が元祖なんだろうか?

ところでゴンのペットであるゴリラのドテチンって"童貞チンポ"の略とか一瞬
思ってしまいました(笑)
実は時間がなかったのでこれがほとんど(笑)
doujin.jpg

すいませんねこんなんで^^;
昨日友人達と飲んでいました。
そして晩、某居酒屋にいましたが、そこは単品は深夜かららしく、
晩はいわゆるフルコースしか頼めないという店でした。
値段そのものは高いというわけではないのですが、
量が少なめでなんか割に合わなかったし、店員の対応が悪いし、
鍋よりコンロが小さいからこぼしてしまいそうになるしで
みんな文句言ってました。
あの店はブラックリスト決定~。

そして以前ここでもかきましたが、ワンコインバーにいきました。
酒が500円で飲めて、カラオケもアニソン系が豊富な店です。
客は老若男女、人種を問わないところで、時間がたつごとに
いろんなお客さんがきました。
いわゆる"立ち飲み"の小さな店で、そこで知らない者同士が
酒や歌とともにダベる、憩いの場であります。
我々も知らない人達とダベってました。
そして店の隅っこに我々メンバーが集まり、一人が持参していたスケッチブックに
メンバーでラクガキ(笑)。

そのとき、たまたま通りかかった若い女性(彼氏連れ)がこれから描こうと
している私を見るや否や、
「自分を描いてくれ」と言ってきたのだ。

これはマジで困った。
私はプロのイラストレーターでも似顔絵描きでもない。
兄貴絵をかろうじて描けるレベルの素人だ。
絵の”巧さ・綺麗さ”より”ネタ”でウケをとるタイプだ。
なので「こんなのしか描けませんよ」とさっきまでスケッチブックに
かいていた兄貴絵や下ネタのラクガキを見せました。
それであきらめてもらうつもりだったのですが、その女性が
「じゃあエロく描いてください。」とのたまいました。
なんでそうなるんじゃいっっ!!!

これは超困った。
スケッチブックを見せたときに私の芸風をわかってくれて、
「じゃあ兄貴でいいから描いて」ならわかる。
また私を知っている人が”私がこうゆうのを描く”ことを知っていて
ワザと「かっこよく描いて」というならいい。
そのときは喜んでいつもの兄貴系のネタ絵を描いていただろう。
あくまでシャレなんだから。

なのにその女性はマジで言っている。
なんでやねん!!
とにかく逃げられなくなったので描くことに。
女性はモデルとしてここにいると言い出したので、
”記憶しましたからいいです。できたら呼びます”とむこうに行ってもらった。
さて、ここからだ。どうしよう。
だってネタ絵描いてごまかすことができねーから。

時間がかかったため、女性はちょくちょく見にきていた。
なにせスケッチブックに下書きなしでサインペンでの一発勝負だ。
「描き始め」にまず時間がかかった。
その間連れは「巫女みこナース」とか
「ドラゴンボールZ」とか歌っていた。

全く薄情な奴らだぜドラララ。
描いてる場所は店の隅っこ。出口は離れたところにあり、そこに行くにはお客さん達を
横切っていかなければならない。これじゃあ逃げてもバレてしまう。
だが、私はそのときいた隅っこにもう一つの出口を見つけた。
だから私はその出口を背にして描いていた。
それはなぜか・・・

そしてどのくらいの時間がたったかわからないが、描いたあと
私はスケッチブックを店内においたまま逃げた。
そう、このためにそこで描いたのである。
マジで疲れた。
それに不測の事態からのプレッシャーのせいか頭が痛い。

だが結局女性も彼氏も喜んでくれた。感謝されて握手もされた。
なんとかしのいだか、ふう・・・
もっとも酔いがさめた後でアレを見たら気が変わり、五寸釘をうち込んでるだろうがな。
クックックッ・・・
その後連れの一人が「yes!プリキュア5」を歌いだしたので
そいつをおいて撤収した。

新年早々これじゃあ先が思いやられるわい。
今年もよろしくお願いします。
2007年は近年の中でもイヤな年でした。
2008年こそはと思うのですが、物価高、税金問題を
はじめまさに前途多難です。はあ・・・
って新年早々ため息ついてどうする(苦笑)

特にかくことはないのですが・・・
まあこれからも気が向いたときに思いついたことを
ずらずらと書いていこうと思いマッスル。

昨年大晦日は冬コミのあと仲間内で飲んで歌ってました。
カラオケにアニメ版水戸黄門のOPがなかったのが残念。

今年もまたライダーやるそうです。
「仮面ライダーキバ」というコウモリがモチーフのライダーだそうな。
偶然ですが、クウガかアギトのころ、私もオリジナルのライダーを
考えたことがありまして、そのライダーが「仮面ライダーキバ」でした。
もっともそいつはハンミョウという昆虫をモチーフした
大きな牙のついたカラフルなライダーでしたが。

プリキュア5もやるそうな。
そのうち「プリキュア5」自体がシリーズ化して人数が増えていくと
”モー娘。”みたいに人気のないキャラが消えるかも。
再来年あたりキュアルージュが消えるとか(笑)
月別アーカイブ