HOME   »  2007年11月
calendar 123456789101112131415161718192021222324252627282930
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
1195277008679.jpg


↑96年放送の「激走戦隊カーレンジャー」のバリンガーZ。
これはあの「マジンガーZ」のパロディーで、すでに
撮影もアテレコもすんでいたのですが、ダイナミックプロ
からクレームがきたためお蔵入りになったそうな。
カーレンジャーの敵・ボーゾックの総長ガイナモ役の声優
大竹宏さんがマジンガーZのボス役だったので、それが
元らしいのですが、大竹さんも「これはまずいだろう」と
いってたそうな(笑)

スカパーで久々に「Gメン75」を視聴。
メンバー入れ替えのために一気に3人もリストラしやがった!
さらば宮内洋(笑)
「Gメン」はほかの刑事ドラマと違って事件を追うことを
重点的に扱ってるせいなのか、キャラ立ちがいまいち弱いです。
なんかこう淡々とした感じがしマッスル。
だから見てなかったのかも。
「太陽にほえろ」はあと半年くらいで10周年に突入。
ロッキー、長さん、ゴリさんが一気に消えるぞ~。

「太陽の牙ダグラム」を見ています。
政治的な話で小さいお友達にはわからないであろうストーリー。
さらに展開そのものが遅く、戦闘シーンがなくてもよさそうな
アニメであります。後番組のボトムズとは違うな~。
スポンサーサイト
商店街ではんてんを買った。
デパートより安かったッス。

>電王
クリスマスにむけてのオモチャの販売催促のためか
キングライナーをはじめデンライナー総登場。
いやそれだけ。

>プリキュア5
販売催促のせいか5人の変身&必殺技バンク総登場。
うららが今後うけるオーディションは
好きな男と分かれる女のシーン。
女のセリフは自分で考えなければならず、なんといえば
いいのか悩むうらら。
こまちも今かいている恋愛小説で同じようなシーンがあり、
なんといえばいいのか悩んでいた。
そして学校の講堂で話し合うこまうら。
そして二人は”言葉にしなくても思いは伝わる”という結論に達する。
講堂のステージで台本の芝居をして背中を合わせる二人。
またカップリングか?(笑)
スタッフは意図的にやってるんだろうか?(爆)

戦闘中に思いは伝わるというプリキュア。
それを否定し、個別に異空間に隔離するブラッディー。
この前の初出撃のときと同様に言葉巧みにせめる。
確かに一人きりの状況で助けを呼ぶことはできない。
思いが伝わるわけではない。
だが御都合主義的に思いは伝わった。(苦笑)

その後、オーディションも小説も”無言で”ということになった。
それでも気持ちを伝えられるからと。
答えは最初から出ていたのだ。

”伝えたいという強い思いがあれば必ず伝わる。”
いいたいことはわかるがどうもなあ・・・
これは最終回におけるこまち×ナッツの結末なのだろうか・・・


さらに疲れてるのか電車の中で立ってたら気分が悪くなっちゃい
ました。(それはすぐなおったが)
そのせいか今日紅茶を買いました。
夜の寒いときに熱い飲み物を飲みたくなったからです。
いや~ほんと本格的冬到来ですな!

1195292551562.jpg

ネタがないので適当に画像うぷ(笑)
>電王
新しいゼロノスカードを使うとは他人がもっている
”「今のユウト」に関する記憶”が消えていく。
それでユウトに乗り移ったデネブが無差別に街の人々に
声をかけていく。デネブいいお母さんだよホント。

>プリキュア5
今回ドラマ的なテーマがなかったのでとくにかくことなし。
中盤以降テーマのない話が多くなった気がする。
今CSでやってます。
設定自体アバウトでナショナルキッドが具体的に何者なのか
わかりません。
とにかく不死身で無敵の超人ってだけで。
タイトルどおりあのナショナルがスポンサー。
キッドを呼ぶ道具がラジオでキッドの武器であるエロルヤ光線銃は
懐中電灯です(笑)。
当時光学合成がなかったのか電灯を光らせるだけで光線が出ている
ような合成による描写がありません。
「月光仮面」といい「遊星王子」といい昭和30年代当時の
ヒーローは"おにいさん"じゃなくて"おじさん"だったんですね。

そういえばサザエさんって今だにセル画なんですね。
製作会社であるエイケンがあえてそうしているそうな。
エイケンはアニメの創成期、アトムの頃に鉄人28号や
エイトマンを製作した会社です。
実はアトムの前の年に1分間だけのTVアニメーションを毎日放送
してました。またアトム放送開始の翌年に日本発の深夜アニメ
「仙人部落」もつくったという実はすごいことやってる
会社だったのです。
デジタル彩色のサザエさんって想像できないなあ・・
>電王
ユウト復活。そして新フォーム登場。
だがそれは使えば使うほど自分自身の記憶が消えていく
というものだった・・・
それまでのフォームも”他人の中にある自分の記憶”が
消えるというもので、使えば使うほどみんなユウトのことを
忘れていってしまうというものでした。
まさに孤独なヒーロー。
私は未見ですが、アニメ「テッカマンブレード」も
主人公が2段変身をすれば、その分自分自身の記憶が
消えていくというもので、最終回で廃人になりましたが、
まさかユウトも同じ運命をたどるのでは・・・

>プリキュア5
ココがのぞみを好きだという気持ちをより強く認識してしまう。
だが自分は淫獣。別の世界の住民、それも王子なので
目的を果たしたらのぞみに会えなくなる。そのことで悩むようになる。
結局あまり先のことを考えるよりまず今を大事にすごしていくと
いう結論に。
いや先のことも考えたほうがいいと思うが・・・
ココもナッツも王子だし2匹とも恋愛フラグがある以上
どっちかに王の地位を押し付けることもできないし。

ラスボス・デスパライアと直接対決。
でもケタ違いに強いわけではないようだ。
不老不死にならなければ勝てぬとデス様もいってたし。
あいかわらず不自然にバトルしながら説教する
プリキュアでした(苦笑)
ttp://www.gl2003.com/HONKI/html/dousei/sample.html

これはマズイでしょ^^;
nohan01.jpg


nohan02.jpg


nohan03.jpg


う~ん、1話を見ただけではわかりませんが、和尚様が
正義の味方になったようにも見えますね。
前作の和尚様の目的は”世直し”であり、そのための日本征服
でした。
まあ第3部も最初のころは正義の味方っぽいことしてました
ので、もしかして本作の和尚様の目的もやはり日本征服かも
しれませんね。

ふくしま先生といえばあの描写ですが、もう30年もたった
せいか絵柄がかわり、毒気が薄れたような気がします。
あと女の顔の描き方も、今風にアレンジしたようにも見えます。
まあ先生の絵ですのでそれでも萌えませんが(苦笑)
滝沢先生だったらもっと突拍子もないトンデモ話が
かけたかと思います。
それにしても今回登場した空海(そらみ)という女の子ですが、
彼女がレギュラーになるようです。ってことはヒロインか?
立場的には岩松かもしれませんが。
岩松といい大上臈といいモルガンといい、せんせいのキャラは
セミレギュラーも濃かったです。
それが今回は普通の(?)女の子ではインパクトがないような
気がします。
ま、もうちょっと様子をみますか。

近年の先生は逃げるか切られるからしいので、もしかしたら
今作も・・・
本日発売の週刊漫画サンデーで「女犯坊」が復活しました。
でもネタバレになるので今日はかきません。
ぜひ直接読んでみてください。
2007.11.05
電王とプリキュアがお休みでしたのでかくネタがなかったッス。
電王の主役の俳優が病気でお休みしてますが、10日ほどで
なおるらしいので多分大丈夫でしょう。
時期が時期だけにラスト直前で主人公がでてこなくなり、
そのまま話が進むってこともありますから驚きましたよ。
まあマンコスみたいに打ち切りってことはないでしょうけど(苦笑)

まあネタがないのもあれなので、近日公開される劇場版プリキュア5の
敵の画像をUP。

1192924867794.jpg


↑なんでもプリキュアのコピーとか。
ミントの顔が特にこわいッス。
2007.11.01
まったくいやになるね。
しかもこういうときに物価も軒並み上昇するわ
税金は年々増税されてくわ
消費税が増えるかもって噂も流れるわ
まったくやってられんわい。
どうにかしろ政治家ども!!
2007.11.01
スカパーで「太陽にほえろ!」をやってます。
前のことですが、新レギュラーとしてラガーこと渡辺徹が
登場しました。当時の彼はやせていました。
彼は4年間番組にいましたが、終盤には肉がつきはじめ、
走るのがつらそうでした。
さて、先日友人達と飲んでたのですが、友人の一人は渡辺徹が
やせていたことをしりませんでした。
彼がはじめて渡辺徹をみたのはゲーム番組「スーパーマリオクラブ」
からだとか。そりゃ知らないわけだ。
しかしジェネレーションギャップを感じてしまいました・・・(苦笑)

来週の週刊漫画サンデーであの「女犯坊」が復活するそうです。
しかし原作者は故人ですので違う人がやるそうです。
あの漫画は故・滝沢先生だからいいと思うんですが・・・・
月別アーカイブ