HOME   »  2007年06月
calendar 123456789101112131415161718192021222324252627282930
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
http://www.asahi.com/national/update/0627/OSK200706270110.html

御存知の通り光市で99年におこった少年犯罪です。
思えばこのころ17歳の犯罪がはやってた時期だったかな。
それにしてもなんというかもう・・・
タイトルのとうりですの感想です。
このバカとそれを擁護する連中が許せないです。

まあ弁護人は刑を軽くするのが商売ですから
ある意味仕方ないのかもしれませんが・・・
スポンサーサイト
一昨年くらいは小泉人気もあってか
自民党の歴史的圧勝でしたが、今回は
どうでしょうかね~?
健康保険税と住民税の値上げ、年金問題、
松岡大臣の不正と自殺などと
いろいろありまくりですからね~。
でもなんでみんな自民に入れたがるのでしょうか?
今まで自民がやってきたからこれからもそうしちゃえ
ってことなのか、あるいはほかの政党ではまともな
政策ができないだろうとか、どこの政党でも同じだから
あきらめるということでしょうか?

前述の圧勝した選挙では小泉人気にみんな踊らされた
ってのがあるでしょう。
っつーかタレントなんぞが立候補すんじゃねーっての!
みんなもそんな奴に入れるんじゃねーっつーの!!
ホント日本人は有名人や芸能人に弱いんだからな~もう。

「野望の王国」で主人公が自分の思い通りに動く奴を
議員に当選させようと、その議員候補の激励会に
芸能人や有名人を呼び、宣伝するといのがありました。
これも当選させるためのアピールで、劇中で主人公が
「日本人は有名人や芸能人に弱い」からできると言ってました。
「所詮連中も同じ人間。金で釣るか弱みを握って脅すかすれば
いうことをきく」と。
まさにそのとおりですな~。
先日かいたとおり7月にCSでピープロ作品をやります。
それで雑誌を買ってチェックしましたが、
なんと「スペクトルマン」は毎日4話ずつ
放送することがわかりました。
視聴が追いつかねぇぇぇ!!
一応「マグマ大使」「ライオン丸」も見ますが、
視聴は遅れそうですハイ。

私は基本的に深夜アニメは見ません。
というのも、設定やらストーリーやらが小難しいやつや
萌え系のコビコビってやつとかいった”オタ向けアニメ”
が苦手だからです。
「あなたはガンダムとマジンガーZのどちらが好きですか?」
と聞かれたら私は「マジンガーZ」と答えます。
深夜アニメで放送当時にちゃんと見ていたのは
「吸血姫美夕」くらいです。

ですが、今「ヒロイック・エイジ」を見てます。
巨大ロボットのようなものがでてくるみたいなので
どんなのかなと思って見てみたのがきっかけです。
公式HP(http://www.xebec-inc.co.jp/anime/heroicage/)
を見てみますとわかりますが、小難しい設定や単語がいっぱいです。
それを除けばストーリー自体はわかりやすいほうかな。
簡単にいえば宇宙人たちを倒して、敵の勢力下にある
地球を取り戻すというバトルものです。
地球人と敵とで艦隊戦を繰り広げますが、
主人公・エイジに宿っている巨大生物”ベルクロス”が
「もうエイジ一人でいいじゃん」って言いたくなるくらいの
ケタ違いの戦闘力をもち、敵艦隊を一人で蹴散らします。(笑)
ですが、敵側にもベルクロスと同じ力をもったバケモノが4人も
おり、そいつらともすさまじいバトルを展開します。

はっきりいってオススメはしません。
個人的にはCSでやってる昔の作品や電王、プリキュア5
のほうが面白いです。
ただヒーローものがもともと好きなので見ているって感じです。
この作品はキャラデザがあの「ガンダムSEED」の人のせいか
アニメ雑誌でも取り上げられてるらしいです。

20070413185704.jpg

↑右のイカっぽい怪物フートゥがこのアニメのマイ萌えキャラ。
泣いているエイジを慰めているこのシーンが印象的。
現時点で1,2話のみの登場なのが残念です。

ですが
最初はエイジに反感をいだいていたが、今ではヒロイン以上に
エイジを想っている(笑)ツンデレ野郎イオラオス。
おっぱい熟女ニルバール。
そしてヒロインの兄貴で、野心や功名心は強いが無能で人望のない
メレアグロスとアタランテス(艦隊の指揮官でもある)。
と、一部の人にはおすすめのキャラはでてきます。
とフォローしてみる(笑)
>プリキュア5
うららの歌手デビュー。
女優を目指している自分にとって歌手は
遠回りになるのではと悩むうららに対して
「夢を分け与える」という意味では女優も歌手も
同じことだ説得するのぞみ。
意味的には同じかもしれませんが、役者と歌手は
違うからやってみろというのはどうかという気がします。
そして番組でその曲のCDを視聴者プレゼント。
そして次回は新キャラウーホ・・もといミルク登場。
やはり販売催促にきましたね~。
1182643873768.jpg


ゲキレンジャーも電王もですし

ま、時期的にもそろそろ新商品出さないといけないしね(苦笑)
ゲキレンジャーは波平、シャア、ジャッキー・チェン、
サモハン・キン・ポーの声優が勢ぞろい。
それだけで見ちゃいました。内容もよかったかな。
http://newsflash.nifty.com/news/tt/tt__sponichi_kfuln20070624006003.htm
↑メビウスvs電王

1182682122086.gif


↑いやこれはネタです。

今日の「ハピラキビックリマン」であのロボットアニメ
「マグネロボガ・キーン」のパロディをやっていたそうです。
私全然見てないので知りませんでしたが、ガ・キーンでOP歌ってた
水木一郎と堀江美都子が声優として出演したそうな。
知ってたら見てたのにな~・・・
1182685681589.jpg

その場の雰囲気でプリキュア5のOPを
歌ったけどやっぱ恥ずかしかったッス。
明日は久々に電王とプリキュアです。
あとゲキレンジャーも見てみます。
なぜならジャッキー、サモハンキンポーが
元ネタ・同じ声優のキャラがでるからです。
いまさらかもしれませんが、新キャラが登場するそうな。
これはマジらしいのでネタバレが嫌な方は
ここから先は見ないほうがいいです。
船が次々と沈没していったためその現場に調査に向かうZAT。
徹夜の捜索にも関わらず収穫がなかったので、
海図にない島に着陸。待機することに。
すると隊員2名は海で泳ぎだし、副隊長は釣りをする有様。
そのあと焚き火をする3人。
「カニの焼けた匂いがするなあ」
そして夜に捜索を再開するために寝ておくことに。
寝ている間になんと300キロも流された!
というのもこの島はカニの怪獣の背中だったのだ!!(笑)
そして突然現れたタコの怪獣と戦うカニ怪獣。

ハサミで足を切られ、目をえぐられ、倒されたタコ怪獣。
陸に上がったカニと戦うタロウ。
苦戦するものの、カニの腹を裂いたタロウの勝ち。

裂かれた腹からはなにかがたくさんでてくる。

多分内蔵だと思う。その表現が結構エグかった。
以前タロウが腕を折られたときも、その瞬間の音や腕の
折られ方がエグかったです。
そして怪獣の死骸は無数のカニになった。
二度と巨大化しないようにタロウが特殊光線で処置を施し、
海に返してやった。
その後、東京でカニがたくさんとれたので大安売りされた。

今までのウルトラシリーズだったら、ラストに何かを考えさせる
ようなテーマをもうけたり、ハードなものにしたり
したのでしょうが、タロウはほのぼのとしています。
確かに小さいお子様にはこうゆうのがうけるのかもしれませんね。
路線変更されなかっただけのことはあるなあ。

一方同じくCSで放送中の「ウルトラマンネクサス」は
逆にハードでシビアです。
ネクサスこと姫矢准は防衛チームに所属していない孤独な男。
チームからは危険視され、攻撃もされる。
主人公(なのに変身しない)でチームメンバーの孤門一輝は
ヒューマニズムあふれる好青年で、その甘さゆえに
副隊長から嫌われたり、救出された女の子は秘密を守るための
記憶操作をうけたため一輝のことを忘れてしまったりと、
なんか救いがないです。
番組自体も打ち切られたしね・・・
2007.06.17
ライダーもプリキュアもやってなかったなあ。

CSで今「兼高かおる世界の旅」をやってます。
いや~懐かしい!
兼高かおると芥川隆行のトークもいいですね。
この番組は1959年から31年も放送していたそうです。
画面がモノクロだったのはそのためです。
日曜日って長寿番組が多いですよね。
「笑点」もそうですが、「アタック25」とか、「NHKのど自慢」
とか「新婚さんいらっしゃい」とか「サザエさん」とか
「ちびまる子ちゃん」とか。
アッコにおまかせも10年以上やってますしね。

なんか書くネタがないなあ・・
ひさびさにメインライターである長坂さんの脚本でした。

銀行員が1億円をもって姿をくらました。
その娘はマスコミの心無いインタビューをうける。
娘の「父は無罪」という必死の主張に心を動かされた
船村のおやっさん(演:大滝秀治)は父はシロだと信じ捜査する。

しかし特命課の面々は父をクロと思っていた。
「100人のうち99人がクロだと思うだろう。
でも一人くらいシロだと思ってもいいじゃないか。」
おやっさんは勘にたよった捜査をする人で、
シロを感じたらそう決めて捜査するのだ。
そして"人を信じる人"なのだ。
以前にも「みんなのほうが(捜査力は)上だろうが、
人を信じる気持ちは誰にも負けない」と言っている。

だが、父がクロである有力な証拠が次々と出てきて、
娘は2度も自殺未遂をする。

2回目の自殺未遂のとき、叶刑事が
「おやっさんが真犯人をつかまえた」とウソをついたので
自殺を思いとどまった。そして今は休んでいる。
だから今夜までに事件を解決しなければならない。

さすがのおやっさんもあきらめかけたが、
みんなに励まされ、捜査を続行。
ここで、これまでのクロであるという証拠を反故にできるほどの
シロだという証拠をみつけなければならない。
そう、それは「父の死体」だった。
つまり父は真犯人に殺され、罪を着せられたという証拠である。

娘の言葉「父は人から物を借りるのを嫌う人なんです」
を思い出した船村は、銀行員の中に父に物を貸したことが
ある者は一人もいないことをつきとめる。
ただ一人、上役が事件当日、父に車を貸しただけであった。
そう、その上役はウソをついていたのだ。
彼こそが真犯人だったのだ。
そしてついに父の死体を見つけ出した。
娘は父の無罪と死を同時に知るのだった・・・

「人を信じる」からこそ解決できた、まさにおやっさんならではの
エピソードでした。

西部警察のような派手なアクションはないですが、こういう
ドラマも私は大好きです。
>電王
ユートはやたらからんだり、つっぱったりしてますが、
本人もデネブもどこか変だからサマにならないですね。
その態度が逆にこっけいに見えます。
まだケツの青い若造って感じです。
デネブはいい人なんだが戦闘中に敵にあやまる
などずれてるし。
でもキャラ的にはいいかと思います。
役者の演技は別ですが。
ユートの「俺はかーなーり強いぞ」のセリフも
演技のせいかイマイチに聞こえます。
主人公は弱いけど正義感をもっていて、ちゃんと
実行しているのがすばらしい。
「弱いことが何もしないことの言い訳にはならない。」
いいセリフです。

>プリキュア5
うららの父と祖父登場。
うららはハーフだったのか。それならあの髪の色も納得。
じゃあこまちはなんで緑色?
前作までは髪の色が現実にそった、あるいはそれを
ベースにしたものですが、今作はピンク、イエロー、グリーン
と現実離れしてるのでこれもいろいろ設定や世界観などを
かえた結果かと思っちゃいました。
http://www.youtube.com/watch?v=u1t3k3PZ3vk
http://www.youtube.com/watch?v=kuxX0v4ESSo
>超兄貴
あの韋駄天と女は耳がとんがってましたが、以前のやつはとんがって
なかったですよね?

aniki.jpg


あっ、これはPSの実写版がでるときに発行された本に
のってたものです。本には田丸先生の漫画ものってました。
アドン、サムソンがかっこよく見えますね。
でもそれゆえか、かえって「超兄貴」の作風にむいてないように
思えます。なんというか別の方向で濃いですからあれは。

>V3
1181296482205.jpg


これは誰かがかいたコラですが、なんかこっちのほうがいいかも。
って脚本は井上か・・・
続編がつくられるってことはFIRSTは好評だったってことか~。
コードネームはなにかな~。3号機ってことで単純にV3かも・・・

そういや10月からまたTBSでガンダムやるそうな・・・
1181277597374.jpg


なんかしっくりこないッスねこのV3。
また井上かな脚本。
この人。
こんな母さんをもったお子様は幸せだなあ・・・
http://tamabu.jugem.jp/
http://www.nihon-eiga.com/p-pro/

ピープロ作品が見られます。
今がチャンスだ!もちろん俺は見るぞ!!
http://www.e-xtreme.co.jp/aniki/


新作か~。一応は期待してます。(苦笑)
>西部警察第1、2話。
前後編でやってました。
犯人が最新の装甲車を奪い、銀座や国会議事堂前を走行。
路上で無数のパトカーと銃撃戦。道路にダイナマイトを
埋め込み、攻撃。
源田刑事が勝手な行動をとり、ダンプで体当たり。
最後は工場内でガソリンをかけて爆破。
目くらましのための放水で大門軍団は水まみれ。
のっけからやってくれました西部警察。さすがです。
劇画作家の妹がチェンソーで装甲車のタイヤを切り裂くという
作戦を提案。図解にして小暮課長にことづてを頼みましたが、
現場に小暮がきたときにはもう終わってました。
見てみたかったなあその作戦。
あと西部警察と聞いてふと「セレブ警察」という言葉が
頭にうかびました。(笑)

>電王
新キャラの桜井って一種のツンデレでしょうか(笑)
なんかねらってるっぽい気ガス。

>プリキュア5
みんなどんどんアホになってきてますな~
唯一まともと思っていたりんまで・・・!
月別アーカイブ