HOME   »  漫画レビュー
calendar 123456789101112131415161718192021222324252627282930
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
元々一歩以外のキャラの話もダラダラやるせいもあって話が全然進んでいません
現在一歩は絶賛試合中ですがこのところ休載と減ページばっかりです
そのせいで試合自体が全然進んでいません
そればかりではありません

この試合で一歩は新必殺技・「新型デンプシーロール」を初披露して相手を倒すはずなのですが…
f17f39a66e47dbfa57ae13834c617ccb.jpg
相手の足が自分の足とひっかかって転んでしまいます
相手はサウスポーなので右足が前に出る構えで一歩は左足が前にでる構えなので相手の右足が邪魔になって思うように懐に入れないのです
ですがセコンドや観戦しているライバル達が「もう慣れた」と言います
そして一歩本人が第3ラウンドで終わらせると宣言します
事実相手はもうフラフラでした
相手のセコンドも今度何かあったらタオルを投げると言ってるくらいです

ですが肝心の一歩は試合に勝つことよりも新型で倒すことを考えるようになっていました
すでにフラフラで勝負が見えている相手に新必殺技とは主人公のする事とは思えませんなあ

とにかく減ページと休載で随分長くかかりましたがこれで新型披露かと思いきや…
また転びました

それどころか新型で倒すということにこだわり過ぎたためか隙が出来て相手の反撃まで食らってしまいました
そのため3Rで倒せませんでした
そしてついにセコンドが新型を使う事にこだわるなと一歩に指示しました
今のところ話はここまでです

まさかあれだけ前フリしておいて新型を使わないってオチではあるまいな…
スポンサーサイト
現在web漫画雑誌「ジャンプ+」で男坂とキン肉マンの続編が連載中です
キン肉マンもまたやるとは思いませんでした
145969530985862450179.jpg
E784A1E9A18C-d6cab-thumbnail2.png
マッスルスパーク(これは違いますが)って絵的にもかっこいいんですよね
キン肉バスターやドライバーよりなんかこうスマートらしい感じがして
週刊少年マガジンで「ワールドエンドクルセイダーズ」という漫画が始まりました
マガジンの公式サイトで1話が無料試し読みができますのでくわしくはそちらをご覧ください
ちょっと長くなりますので続きはこちらをご覧ください
週刊少年ジャンプの「U19」(アンダーナインティーン)が17話で終了しました
短期打ち切り漫画は数多くありますがその中でも読むのが嫌になる「クソ漫画」と呼ばれる漫画があります
忘れ去られる漫画もある中で悪い意味でインパクトがあったこの漫画は「クソ漫画」としてネタにされていました
長くなりますので続きはこちらで
「週刊少年ジャンプの漫画にはすぐに打ち切りになる漫画もあります
ただ短期打ち切り漫画といってもいろいろありファンの間で種類が分けられ
その種類の呼び名は元となった漫画のタイトルをもじったものになってます

ノルマン現象・・・本来なら打ち切られてもおかしくないが他の連載が
終わったため掲載作品の頭数をそろえるためにズルズル続く現象

突き抜け・・・短期打ち切り漫画はだいたい単行本2巻分くらい
つまり16・7話くらいだが10話くらいしか連載していないため
1巻のみという超短期連載の漫画

そして・・・クソ漫画
それはその名の通り打ち切られてもしょうがないような
本当にクソな漫画のことです
だが「クソ漫画」であることを
”ネタ”として読んでいる・集めている人がいるそうな
ネット上ではクソ漫画愛好会とかスレッドがたってしまうほどです

そして現在のジャンプで久々にクソ漫画が登場
それが「U19(アンダーナインティーン)」です
現在これのスレッドがちょくちょくたっています

1492090664268.jpg
↑”リビドー”と呼ばれる超能力を持った少年少女達が悪い社会をつくった「大人党」に立ち向かう物語ですが・・

1492245637224.jpg
1492257463410.jpg
↑はい クソ漫画の匂いがするでしょ?

クソ漫画ゆえかよくコラ画像がつくられますが
↓は頻繁にあげられるコラ画像です
1491623015313.jpg
1493361809271.jpg
1492881604165.jpg

実際に読んでみて打ち切られてもしょうがないと思いました
一応連載中ですがもうすぐ終わるでしょう
編集者仕事しろよといいたくなりますがこれは作者を尊重しているという解釈でいいんでしょうか?

現在ジャンプは長期連載作品が次々と終わっているため発行部数が落ちています
だからジャンプ側もいろいろ試しているんだと思いますハイ
前に漫画「ラブラッシュ!」についてかきましたが
その過程でこんな漫画があったなってのを思い出しましたのでちょっと書きます
1993年に週刊少年ジャンプで「ファイアスノーの風」というのがありました
fire.jpg
この作者はその前に↓「疾風のジーク」という短編集を出してました
501015634.jpg
これに収録された漫画はみな剣士が活躍する典型的なファンタジーでした
ジークの前の数本が増刊でジークがジャンプ本誌の読み切り
作者のコメントによると女性に人気があったそうな
そしてこのファイアスノーで本誌連載でした

ただ「ジーク」にのってた単発作品は内容がいずれも「イケメン剣士無双」で
どの主人公も美形で品がよく女子受けしそうなキャラでした
なので「ファイアスノー」連載において主人公には
前述のような品のいいイケメンを読者は期待していたと思います
ところがこの「ファイアスノー」の主人公ゼノは
見た目も態度も粗野で品のあるキャラではありませんでした
第1話の時点でこれは終わるなと予感してました

なんでそう思ったのかといいますとそれは第1話の冒頭
ヒロインが川で水を飲んでいるとその上流でゼノが放尿していたのです
しかもそのシーンがカラーで描かれてました
おまけにこれでヒロインが怒ると「どこで小便しようが俺の勝手だ」とかえす始末
これはマズイでしょう
女性ファンは見たくなかったでしょうこんなもの
「つかみはOK」では全然ないでしょう

そのせいかどうかは知りませんが
実際この作品は10週で打ち切られました
読者の需要と作者の供給が合わなかったのでは?
これまでの読み切り同様に品のいいイケメンが圧倒的な強さで無双していく作品なら続いていたのでは?
と思ってしまいました

なおこの作者の連載は今のところこれだけでこれ以降は全くありません
ジャンプの場合3回まで打ち切りOKらしいですけどどうなんでしょう?
作者がやる気なくしたんでしょうかね?
近所のコインランドリーで置いてある週刊少年ジャンプを待ち時間に読んでいます
ワンピースみたいに以前からずっと続いているやつは
途中から読んでもわからないので新連載されたやつを読むことが多いです
それで漫画の単行本を買いました
去年の後半にジャンプで連載されていた「ラブラッシュ!」です
news_thumb_jump_1638.jpg
ついでに同じ作者がその前に描いた作品で未読だった「E-ROBOT」も買いました
0e28521d.jpg

いずれも打ち切り作品です
この2つはコメディーですがテーマがあり それを正面からしっかり描いているのが特徴です
「E-ROBOT」は”性”を 「ラブラッシュ!」は”恋”を です
「E-ROBOT」はギャグですが「ラブラッシュ!」は恋をコメディーというオブラートで包んで描いています
「ラブラッシュ!」はリアルタイムで読んで印象に残っていますのでこれについて書きます
長くなりますので続きはこちらで

そのジャンプ買っちゃいました
最終回記念として第1話のフルカラーバージョンが載っています
最終回が最終回らしくない内容でしたので第1話のほうが面白く感じられました
40年もたったせいか絵の劣化も感じられましたしね
この後は読み切りでいろいろ描く予定ですがみな女の子が主役ですので
結局女の子を描きたかったから「こち亀を終わらせたのでは?」という声もあるようです
ただ以前に比べて勢いや絵が劣化してるので期待はできないです

こち亀も以前に比べたら面白くなくなったので終わらせて正解だったかも知れません
ブリーチの終了といい今年のジャンプは思い切ったことをするなと思いました
81hblbeOjaL.jpg
今巻は展開が早いほうだったかな
でもやっぱり遅いなあ
巻末に掲載された作者のインタビューによれば物語を終わらせる気はあるらしい
果たして何年かかるかわからないけど
あとガレノスのことを忘れてなくて安心した
幹部のくせに今のところ全く台詞無いし
51s8NFxP1ML__AC_UL320_SR226,320_

梶原一騎先生の実弟・真樹日佐夫先生原作の漫画「ワル」
↓で全巻無料で読めます
http://dokuha.jp/comicweb/contents/comic/waru

この作品はシリーズ化され35年もの長きにわたってやってました
台詞が長いせいか話の密度が濃く 読むと結構時間がかかります
不良が主人公というとたいてい敵は同じ不良だったり暴走族だったりヤクザだったりしますがこの漫画はズバリ学校が敵です
主人公・氷室洋二という札付きのワルを更正しようとする学校当局との戦いという異色のものです
氷室が本当に「ワル」なんですよ
でもこういうの好きッス
月別アーカイブ